Running is My Life.

ほどほどにPush myself

心不在焉

どうもです。

 

 

今日は日曜日。

お休みということでしっかり走りたいところなのですがやっぱり走れません…

私の足の甲は前をなかなか向いてくれないようです。

 

折角先週の小松菜マラソンまでうまく調整できていたのに…

 

と、本当にここまでは恨めしい気持ちでいっぱいなのですが、改めて自分の今年のスケジュールを見た時、ここは無理するところでもないのかなとも思っています。

 

 

確定ではありませんが2017年のレースはあと1レースということで、おおよその「ラストレース」というものは決めています。

 

そこから逆算するとあと9か月近く走り続けることになります。

 

ということもあり、負けレースを最初から走るのは好きではありませんが、一戦一戦全力で走るばかりで毎回コンディションが整わないのであれば、たまには気持ちよく走ることも必要かなと思っています。

 

なので 板橋City については、DNSまではしなくてもタイムにこだわらない走りをするのもありかなと思っています。

 

これまでは「楽しむことよりも苦しさをいかに耐え抜くか」、ここに重点を多くことが多かったので、実際楽しむことができるのか、そしてその走りは本当に気持ちよく終われるのか測ってみるのに良い機会だと。

 

…でもやっぱり治るのであればしっかり走りたい!!(心のなかで葛藤中)

 

 

 

と書いてみるとランニングのことで頭一杯!みたいな感じに映りますが、実はそんなこともなくて。

 

脳内トリップが大好きな僕は現在、絶賛心此処にあらず状態なのです。

それも去年の8月から今年の1月にかけて、海外を含め毎月どこかに行っていたせいか、たった2か月日本の外に出ていないだけでです…

 

自分でも呆れるほど旅ジャンキーですね。

 

昨日も数年前に行ったポルトガルの街をぶらぶら散歩していた(Google Map上で)のですが、「もっかいいきてぇ!」と言わずにはいられませんでした。

 

そして追い打ちをかけるようにテレビでは、チベットの奥地の宗教都市を放映していて「ここもいきてぇ…」と。

 

 

これ以上語ると衝動的に航空券をポチってしまいそうなのでやめておこう。

 

でもエアアジアのセールを「見るだけ」ならいいですよね…?

…ウィンドウショッピングしてきます。

 

 

 

では、また。

筋トレしよう

どうもです。

 

 

1週間後板橋City…ですが…

全くもってコンディションが戻りません。

 

左足の甲の状態があまりにも良くなくて、恐らく明日も走るのは厳しそうな感じです。

 

 

こうなればもう水曜日あたりまでは安静にするしかないと思い始めていますが、それでも全く動かないのはまずいということで、今日は筋トレをしました。

 

内容は…上半身の種目を中心にインターバルをスクワットでつなぎ、締めにコアをいじめるといったところでしょうか。

 

走ることができない分少しでも運動量を増やそうということで、セット間はかなり短めで追い込む意識でやってみました。

 

 

というのも実は、数か月前までは筋トレを馬鹿みたいにやっていました。

 

ちなみにどのくらい馬鹿だったかというと…

 

朝4時半に起きて仕事前に週6で通うくらい。笑
f:id:tak0-2:20170311213849j:image

 

 

ジムを退会して走りに重きを置くようになってからは、体重コントロールも考えてあまりガッツリはやらなくなりましたが、基本筋トレは嫌いじゃありません。

 

なので今日は久しぶりにガッツリ追い込むことができて気持ちもスッキリしました。
f:id:tak0-2:20170311214535j:image

 

 

明日は家からも近いところで古河はなももマラソンが開催され、友人も出走するので応援に…といきたいところなのですが、別件で用事がありますので陰ながらエールをお送りするに留めておきます。

 

 

土日に走れないのはストレスフルで、さらに自己管理ができない自分が悪いので何も言えないのが悔しい限りですが…

 

やっぱり健康第一ですね。

 

気長に…とは言えませんが、出来る限り地道にやってまいります。

 

 

では、また。

思ったより良くない

どうもです。

 

 

昨日は月火とランオフだったのと、ノー残業·定時ダッシュを無事にかましたので、計画を少し変更し長めに走ることにしました。

 

ただ走る前から左足の甲の状態はあまり良くないことはわかっていました。

 

そのことからも無理はせずに上げても4:30/kmくらいの10kmジョグくらいで収めようと思っておりました。

 

…が、貧乏性の性格を発揮し「走れるときに走っちゃお!」と、走り始めて4km地点くらいからビルド走に切り替えることに。

 

 

結論としてはこれが良くありませんでした…

 

上げていくごとに悲鳴を上げる足の甲。

 

9km地点3:50/kmくらいまで上げたところでリタイアせざるを得ないほどの痛みになってしまいました。

 

そして自宅から結構な距離を走ってしまっていたために戻りの4kmを痛みを抱えたまま走ることに…

 

 

症状としては靴紐をキツく結びすぎた際に感じるような痛みといったところです。

 

しかし、この痛みを歩く程度でも感じるレベルなので万全なコンディショニングで走るのは少し厳しいです。

 

今朝も小走りで駅まで行こうと思い、走り出してすぐにやめたくらいなので。

 

 

小松菜マラソン後のダメージとして残っている痛みかと思っていましたが、その想像以上に良くないということで、10日後の板橋City を走れる、またタイムを出せるコンディションまで持っていけるのか…

 

いや、持っていくしかないのですが不安はかなり大きいです。

 

 

今後のスケジュールとしては土日のどちらかでスピード練習はしておきたいので、とりあえず木金とランオフにして回復に励みたいと思います。

 

レース前に走らない期間を作るのは性に合わないし、ストレスの原因ともなりますがそこは我慢して、10日後を見据えてやっていきます。

 

ある意味自分との闘いです。

 

 

 

 

では、また。

勇気を持って2日間ランオフ

どうもです。

 

 

日曜の小松菜マラソンについてコメントくださいました方々ありがとうございました!

 

自分の中では納得できない部分のほうが大きかったレースでしたが、大なり小なり収穫もあったと思っています。

 

何より皆様より頂いたお言葉を励みに翌週に迫った板橋Cityまで突っ走ります!

 

 

・・・と言いたいところだったのですが月曜と火曜の2日間はランオフとしました。

 

理由としては想像以上に体の疲れが抜けていなかったのと、所々ダメージ大きい箇所があったためです。

 

具体的には左足の甲と右のふくろはぎになるのですが、走るのに支障はない程度の痛みといいながらも、レースが2週後に控えているということを鑑みると悪化させてはなりません。

 

ということで様子見で走ってしまうよりも、不安をなくした状態で調整に戻るべきだと判断した次第です。

 

そして今日は起床して、痛みや張りもレース前くらいには戻ってきているので、帰宅して7km or 10km のビルドで走ろうと思っています。

 

 

 

なんとなくですが、低糖生活を送っていると回復が遅いような気がします。

 

今回レース直後の糖質補給(ワッフルやチョコブラウニーなど)と、第一食目に炭水化物の摂取は行いましたが、翌日からは通常の低糖な食事に戻しました。

 

そのせいなのかはわかりませんがなんとなくエネルギーが枯渇しているなと感じなくもありません。

 

1レース分のエネルギー消費は、普段1回分のトレーニングとは比較にならないのは承知の事実ですが、こう短いスパンで大会が続くとなるとリカバリー期間での体重コントロールやコンディショニングも大切となってきます。

 

それを踏まえると、いかに早くかつ効率よく回復できるのかを試行錯誤しながら考えていかなければなりませんね。

 

 

ちなみに今後の各レースの1週間後の週末は慰安旅行という名目で旅行を計画しています(自分へのご褒美です。笑)

 

このブログでもその時々で上げていくと思いますが、そういったリフレッシュの時間も大切にしていきたいと思います。

 

 

とりあえず板橋Cityの後には、翌日に都内で台湾フェスがあるようなのでそれに参加して、次の週末には大阪に1泊2日で慰安トリップする予定です。

 

 

僕にとってのレースはそこまで含めて1セットです。笑

 

つまりは、にんじん作戦で頑張ります!ということで・・・

 

 

では、また。

【結果】小松菜マラソン(30km)走ってきました

どうもです。

 

 

本日は小松菜マラソン(30km)当日ということで走ってまいりました。

 

朝6時に起床。

カーボローディングをしなかった効果なのかはわかりませんが、寝起きも今までのレース当日に比べてすっきりしている感じがしました(お腹も)。

 

そして6時半に朝食。メニューは…

 

・全卵2個分のスクランブルエッグ(トースト用のスライスチーズ一枚入り)

・納豆1パック

・ネギと七味たっぷりの味噌汁

ソイジョイ(ブルーベリー1本)

 

以上!

かなり軽めです。

 

僕も今までそうでしたが、多くの方はレース当日の朝に餅やうどんなんかの炭水化物(糖質)を摂ると思います。

 

でも今回は脂質を意識して摂りました。

そして結果としてはこれが当たりでした。

(食事に関しては別エントリーで書く予定です)

 

8時前に出発し、会場最寄の東大島駅に9時過ぎに到着。

f:id:tak0-2:20170305162346j:plain

会場もかなりこじんまりしていて、レースというよりかは少し規模の大きな記録会のような雰囲気でしたが、時間が経つにつれぞろぞろと人も集まってきました。

 

このレースは親子マラソンや10kmのカテゴリーもあり、なかでもハーフマラソンの参加者が一番多かったですかね。

 

会場に着き、スタート1時間前にエナジーゼリーを1本摂取。

 

ちなみにこれ以外に摂っているものは、経口補水液にBCAAを溶かしたものと水のみです。

 

そして10時半にスタート。

 

周回コースでそこまで面白いこともなかったので詳細は飛ばします!笑

 

ただ細かなアップダウンがあったり、あとは河川敷特有の風には悩まされましたね。

向かい風から折り返して「やった!追い風!」と思ったらまた向かい風で「はぁ!?」となったり…

 

 

ということで結果がこちら↓

f:id:tak0-2:20170305162318p:plain

f:id:tak0-2:20170305162324p:plain

f:id:tak0-2:20170305162330p:plain

f:id:tak0-2:20170305162335p:plain

 

これを見る限りやっぱりサブ3はキツいですね…

 

おおよそ事前プラン通りの4:10/km前後のイーブンペースで走れていますが、余裕があれば最後5kmは追い込もうと思っていたのに、余力もそこまで残っておらずそのまま終戦となりました。

 

これだと何かしらのトラブルがあるということも考えると厳しいかなというところ。

 

ただ改善できる点を上げるとすれば補給です。

今回レース中、19km地点でジェルを1本摂取しましたが25km前後でも1本摂ればよかったかなと。

 

カーボローディングで事前に溜め込むよりも、レース中の摂取のほうが効果的だと感じたので、次の板橋では15km前後・25km前後・35km前後のジェルを計3本でいこうと思います。

 

 

ちなみにこんな結果ですが、順位は1位でした(お恥ずかしい…)。

 

そしてその副賞は大会名にもなっている江戸川区名産の小松菜です。

f:id:tak0-2:20170305170540j:plain

…ということで本日の夕食は小松菜メインでヘルシーに決定。

 

 

まとめるとレース自体の結果は実力相応。

そのなかで自分に合っている調整法がある程度把握できてきたのは大きな収穫でした。

 

感覚的には「少ないかな?」と思っていたくらいでしたが、胃腸トラブルを考えるとほぼこれくらいに抑えるべきなんでしょうね。

 

今後も試行錯誤を続けていくつもりですが、とりあえずレース前のカーボローディングは自分には必要ないということで普段の食生活もあまり変えずにいきます。

 

 

それにしてもやはりロードの30kmは蹴り返しがキツいです…

だからロードは好きでないのです。(そういうところ含めて向いてない。笑)

 

足のマメと足首を労るということでとりあえず明日はランオフで、火曜か水曜からまた調整していきます。

 

 

では、また。

小松菜マラソン前日

どうもです。

 

 

タイトル通り本日は調整レースのひとつである小松菜マラソン(30km)の前日です。

 

が、当番出勤ということで会社に行かなければ・・・

ということでランオフにするべきか悩みつつも、朝に軽く7kmのミニビルドで走ってまいりました。

f:id:tak0-2:20170304120116j:plain

f:id:tak0-2:20170304120128j:plain

 

結果は見ての通りでよくないですね。

まぁ明日のことを考えればこれくらいで抑えておくべきっだたのでしょうが、不完全燃焼感は残ってしまいました。

 

そして体の調子もイマイチでした・・・

それも昨日、仕事終りにお疲れ様会(ノンアルコール)ということで帰りが遅く、寝るのも日をまたいでしまったことが原因のひとつ。

 

起きたときはそこそこすっきりしていると感じたのですが、やはり走ってみるとダメですね。疲れが如実にでます。

 

 

ということもあり本日は、走った後に玄米おにぎりをひとつ食べました。

 

完全な糖質OFF生活をしているわけではないので、こういった感じで足りなければ補充するといった感覚で適度には炭水化物を摂取しています。

 

ただ今回のレースに向けては食生活を大きく変えずに臨むと、先般のブログでもお伝えしているので過剰摂取はしません。

 

 

ここまではなんとなくですが、これまでのレース前より調整がうまくいっているような気がしています。

 

多少疲労が残っているところはありますが体重の増加もなく、比較的ナチュラル&フレッシュな状態です。

 

あとはスタミナがどれくらい持つかが怖いところではありますが、レース前・レース中には必要最低限の糖質くらいは摂取しようと思っています。

 

今のところ考えているのはレース前にゼリー飲料を1本、レース中にジェルを1~2本で考えています。

 

省エネランニングを心がけつつも、後半落ちないよう工夫しながら走ってみようということで。

 

 

では、また。

試しにやってみる

どうもです。

 

 

昨日は雨上がりのコンディションでしたが土曜が当番出勤で、日曜には小松菜マラソン(30km)もあるということで、軽く走っておくことに。

 

仕事終わりでしたがそこまで疲労もなかったので、気持ち強度強めということで7kmビルドで走りました。

 

先週の土曜に比べれば体のコンディションも大分良くなってきました。

 

 

この大きな要因のひとつとして食事を考え直したということが挙げられます。

 

前からこのブログでも小出しにしておりましたが、僕は普段から低糖質の生活を心がけています。

 

強度の高いトレーニングを行った日や体調があまりにも優れないという日以外は、いわゆる米やうどん、そば、パン、パスタなどの炭水化物は摂りません。

 

しかしこれに反して先週は、土曜に久しぶりのレースを控えているということで、カーボローディングとしてそういった類の炭水化物の大量摂取をしていました。

 

 

個人的にはこれが良くなかったと感じています。

 

普段の食生活から離れたということに加えて、必然的に体重も増加するなどランナーとしてマイナスを積み上げてしまいました…

 

そしてその結果がDNFに繋がったと思っています。

 

 

一般的にマラソンやトライアスロンなどのエンデュランス系スポーツのレース前には、カーボローディングをする人が多数派だと思います。

 

僕も今まではそれを信じて、レース前の遅くても3日前から炭水化物を多く摂取するようにしていました。

 

しかし、各レースを思い返してみると本当に直接的に良い結果に結びついたのだろうかと疑問に思いました。

 

「実はデメリットのほうが大きかったりするのではないかと考えて、今回は日曜日に向けて食生活は特に変えることなく、カーボローディングなしでレースに臨みます。

 

今後の調整などを考えていくうえで、ひとつ実験ですね。

 

 

「低糖質でも十分走れることを証明したるで!!」

 

……なんてことは思ってませんが、エビデンスが少ないということは自分でやってみなきゃ、ということで今回は少し体を張ってみようと思います。

 

 

 

ただ今回最も気を付けなければならないのは別にありまして…

 

親父よ、この時期にインフルエンザに罹るとかやめてくれ。笑

 

 

…とりあえず自分は罹患しないよう気をつけつつ、日曜に向けて着々とやってまいります!

 

 

では、また。