読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Running is My Life.

ダメ社会人系ランナーの日常・非日常を綴るブログ

セルフケアと自己管理

日常 ランニング セルフケア

どうもです。

 

今週末も休日出勤なく無事に2連休となりました。

 

そのため金曜夜・土曜朝と2連走。

金曜夜は軽めに7kmビルド走でしたが、やはり一晩で回復するには限界があり、朝っぱらからの3:45/km-200m jog×5のインターバルは厳しいながらなんとかやりきりました。

休みを挟んではいますがタイムスパン的には二部練に近いかたちになりますので、それなりに強度はあげられたかなと。

f:id:tak0-2:20170211142323j:image

f:id:tak0-2:20170211142334j:image

 

そして明日は久しぶりに山(トレラン)に行く予定。

山間部だけでなく平地でも荒天が続いているようですが、マイホームグラウンドの足利は大丈夫…でしょう!

 

「マラソン前にいいの?」と自分でも思うところはありますが、約1か月ぶりということで自分の足の調子を測るためにも行ってこようと思っています。

 

 

でここからが今日の本題でして…

実はその1か月前の足利トレランで中程度の捻挫をしてしまいました。

f:id:tak0-2:20170211142427j:image

 

最初の3日程度は腫れもひどく、歩く際も痛みがあるといった感じ。

また職業柄外出も多いため、私生活でも痛いながらに歩かなければならないといった状況で、僕が取ったセルフケアをいくつか挙げてみます。

一シロウトがどんなことをしたのかになりますので参考程度にはなりますが…

 

 

①酸素カプセル

 ケガをした翌日に1回、少し間をあけて2回ほど行きました。

f:id:tak0-2:20170211142450j:image

 

 効いている感じは…

 多少のリラックス効果や気持ちの面で「早く治そう!」

 と思えたのというのはありますがよくわからないというのがほんとのところ。

 

 ただ回数券がまだ残っていることもあるので、

 今度はレース後のリカバリー期間なんかに行ってみようと思っています。

 

 

サプリメントグルコサミン&コラーゲン)

 どちらも関節等を守ってくれるだろう(適当)と信じ、

 体の内側から効いてくれることを願って飲んでいました。

f:id:tak0-2:20170211143219j:image

 

 グルコサミンは昨年の10月くらいから飲み続けていますが、

 効果のほどはいかほどか…

 

 でもサプリメントってそんなものっちゃあそんなもの、と割り切ってます。

 飲み始めたら継続していくしかなくて、やめ時がわからなくなる。

 なのでこの2つのサプリメントはしばらく継続ということになりそうです。

 (サプリメント会社の術中にハマってるんだろうなぁと思いながらも…)

 

 

③タンパク質を多めに取る

 これは普段から低糖質な食事をしているので心がけてはいるのですが、

 魚や肉を中心にいつも以上に意識して取っていました。

f:id:tak0-2:20170211143340j:image

(マイベストサラダであるコブサラダ!!)

 

 またそれと併せてナッツや豆類も多く摂取していました。

 アーモンド、素煎り大豆、豆乳 などなど... 

f:id:tak0-2:20170211143324j:image

 

 ケガの期間に体重を増やしてもしょうがないので、

 食べる量は調節していたせいか太ることがなかったのも良かったなと思っています。

 

 

④チューブでのリハビリ

 ここまで挙げたものの中でも一番効果があったと感じているのがこれです。

 f:id:tak0-2:20170211143401j:image

 

 捻挫をして4日目くらいからは腫れも引いてきましたが、

 最初は少し動かすだけでも痛みがあったこともあり、

 お風呂上がりに患部が痛まないギリギリをキープしながらでしたが、

 可動域を徐々に拡げていく意識を持ってやっていました。

 

 捻挫で一番怖いのは再発と違和感が残ることだと思います。

 このチューブでのリハビリはそれらをなくしていくには非常に効果的で、

 むしろ通常の期間でも(ランニング後のストレッチのような扱いで)

 やるべきだと感じています。

 

 

 

こうやって挙げてみると大したことはしていませんが、

約2週間でjogができるまでになったことからも

多少なりとも効果があったのかなと思っています。

 

やはりケガをしないということが一番良いのですが、

走れない期間にこういった試行錯誤をするというのも

成長の一過程なのだと今では感じています。

 

今年はレースに多く出ることからも、自分の体と向き合っていく必要が

これまで以上にあると思っているので、

今後もセルフケア・自己管理は徹底していきます!

 

では、また。