読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Running is My Life.

ダメ社会人系ランナーの日常・非日常を綴るブログ

最悪のシーズンイン

レース ランニング

どうもです。

 
f:id:tak0-2:20170225150353j:image

今日は立川にてベジタブルマラソン…

でしたが結果はまさの5kmでDNFとなりました。

 

これまで全レース通じて完走できないことはなかったし、しかも今回はハーフという短いレースだったのになぜなのか。

 

悔しさと情けなさしかありません。

 

 

天気も良く風もほとんどないという絶好のコンディション。

 

準備も順調に済ませ15分前にはスタート地点に整列し、一切の不安なくスタートしたつもりでした。

 

そして走り出して1km、4:07/kmの想定通りのペース。呼吸も苦しくない。

 

しかしこれ以上のラップを刻むことはできず、むしろ下がり続けるだけでした…

 

理由は脛の痛みです。

 

今までも脛の痛みは抱えていましたし、それでも走り続けてきました。

 

正直なところ落ち続けるLAPを気にしなければ、痛みを庇いながら走りきることは可能だったかもしれません。

 

けれども今無理をして走りきるべきなのかを自問し、今後のレース計画が頭をよぎりました。

 そこで今回は棄権が賢明だと判断してしまいました。

 

後からで言い訳がましいとしか言えませんが、これからのビッグレースを走れなくなるのが怖くなったのです。

 

自らエントリーしたにも関わらずこんな結果なのは本当に悔しいですし、年初のレースから何やってるのだろうかという気持ちでいっぱいです。

 

 

調整もうまくいっているつもりでしたが、ここへきてスピードを出すと痛みが出る脛に悩まされるというのは最悪のタイミングとしか言えません。

 

1月に走り込めなかったからといって、2月に走り過ぎているかと言えばそこまで積んでもいませんし、もしそうだとしたらそんなにやわな自分に腹が立ちます。

 

原因は色々と考えられますが、とりあえずのところは硬い足首を柔らかくすること、これが必須だと思っています。

 

 

普通に歩く分には全く支障がないというのも苛立ちを増幅するわけですが、まずは治さないと。

 

本当に最悪のシーズンイン、幸先の悪いスタートですが一歩ずつやっていきます。

 

 

では、また。