読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Running is My Life.

ダメ社会人2年生のだいたい非アクティブときどきアクティブな日常と非日常を綴るブログ

レースレビュー:第3回奥三河パワートレイル(前日編)

どうもです。

 

昨日やや速報として完走の報告をいたしました奥三河パワートレイルの振り返りをしていこうと思います。

 

ただ今回なのですが、あくまでレビューとなりますのでそのあたりはご承知おきを…

それもなぜかというと、写真を全く撮っていないからレースレポにならないんですね。笑

レース中の写真ゼロ!でどこまでお伝えできるか未知数ですがやっていこうと思います。

 

まず前日の4月29日(土)は、8:33東京発の新幹線ひかりで豊橋まで移動し、そこから飯田線に乗換え、受付会場かつゴール地点である湯谷温泉まで移動。

f:id:tak0-2:20170501103638j:image

ここまでの移動でほぼ半日…

どなたかがブログで、受付してスタートラインに立つまでが"第0関門"とおっしゃっておりましたがまさにその通りだと感じました。
f:id:tak0-2:20170501103656j:image

 会場にはこのようにブースもいくつかありましたが、そこそこ大きなレースの割りには少ないかな?と感じました。

 

12:00過ぎに到着し、装備チェック→受付→ガイダンスと進み15:00前にはすべて終了しました。

 

ちなみにですが、このレースには10個くらい必携装備が定められておりますが装備チェック時に確認されたのは以下だけでした。

・ライト

・ライトの予備電池

・携帯電話

・レインジャケット

 

またガイダンスについては、特にコースの説明はありません。

内容としては免責事項の確認など特段レースのためにするというよりかは、運営の都合上やっとかなければいけないといったところでしょうか。

なのでコースについては事前にユーチューブなどで確認をするようにしたほうがよいかと思います。

 

 

諸々レース前日のやることを済ませたらあとは温存。

ということで宿泊するところに向かうわけですが、今回僕はフェイスブックを通じて宿をシェアさせていただくこととなっていました。

 

宿はスタート会場から徒歩で10分程度のところにある休暇村茶臼山高原のコテージ。

ここを3人でシェアしたのですが、非常に良かったです!

 

食事も自炊ですが、逆に言えば自分で調整出来ますし、なにより今回は時間に余裕をもつ事ができました。

 

このレースでは多くの参加者が朝にこの茶臼山までバスで移動されます。

その時間なんと最も遠い豊橋からだと2時間以上…朝3時過ぎからバスに揺られてくるわけです。

それがなかったという事だけでもかなり負担は少なかったです。

 

おそらく今年見た感じだと、そこまで休暇村を利用されている人は多くなかったので、来年参加される方でスタート会場に変更などなければ是非ご一考ください。

 

こんな感じで17:00には宿に到着し、あとは風呂に入ったり、明日の装備を準備したりで22:00くらいには就寝。

 

 

だいぶまとめたつもりでしたが、長々となってしまったのでここまでで前日編として、また次回当日・レース編としてあげたいと思います。

 

 

では、また。