【レースプラン】第3回トレニックワールド in 彩の国100mile South編

どうもです。

 

前のエントリーに続きSouth編いってみましょう。

 

第3回トレニックワールド in 彩の国100mile Southコース

f:id:tak0-2:20180515124934j:plain

South1 距離:55.3km 累積標高:3,125m オフロード:41.4km(74.9%)

South2 距離:55.7km 累積標高:3,125m オフロード:42.4km(76.0%)

 

 

①ニューサンピア埼玉おごせ~桂木観音(①58.0km地点 ②113.3km地点 目標:①1:15 ②1:20)

f:id:tak0-2:20180515125106j:plain

区間距離7.0km。サンピアからのロードをしばらく走り、五大尊脇からトレイルにin。勾配はややあるもんの大高取山のあたり(約400m弱)が最高点になるためきつくはないパート。ただし先の関八州見晴台への登りも考え飛ばしすぎないこと。

 

②桂木観音~高山不動尊(①66.5km地点 ②121.8km地点 目標:①1:40 ②1:45)

f:id:tak0-2:20180515125128j:plain

区間距離8.5km。桂木観音から一度トレイルを経由しますが下り基調ですぐにロード。ここから見晴台への登りが始まります。ロードである程度高度を上げるのと距離もややあるので図表ほど急には感じませんが走れる箇所はあまりないので温存区間になるかなと。

 

高山不動尊~竹寺(①76.6km地点 ②131.9km地点 目標:①2:00 ②2:05)

f:id:tak0-2:20180515125148j:plain

f:id:tak0-2:20180515125223j:plain

区間距離10.1km。西吾野まではトレイルの下りがメイン。夜間パートに入ることを考えると1周目のこのあたりまではスムーズにいきたいところです。西吾野からは子の権現へむけて登り返します。関八州見晴台への登りよりもこちらのほうがきつかも?と感じるのでマイペースを崩さないこと。

 

④竹寺~吾那神社(①87.3km地点 ②143.0km地点 目標:①2:30 ②2:50)

f:id:tak0-2:20180515125355j:plain

区間距離10.7km。1周目は大高山を経由し天覚山へ登り、東吾野駅まで一気に下ります。2周目はさらに南に下るルートでノボット・周助山から同じく天覚山→東吾野駅になります。どちらもアップダウンの繰り返しで足場もあまりよくないので走れる箇所は少なめ。夜に突入する1周目は特に注意が必要。2周目は倉掛からの登りが急登なので終盤の頑張りどころとなる気がします。

 

⑤吾那神社~桂木観音(①98.0km地点 ②153.7km地点 目標:①2:40 ②2:50)

f:id:tak0-2:20180515125411j:plain

f:id:tak0-2:20180515125428j:plain

 区間距離10.7km。エイドから一本杉峠の辺りまでは高低差でいうと結構ありますが、前半はアップダウンもゆるやかなところが多い印象です。ただし、北向地蔵から鼻曲山までは距離もあるので落ち着いて走ることが重要。

 

⑥桂木観音~ニューサンピア埼玉おごせ(①106.3km地点 ②162.0km地点 目標:

①1:45 ②1:45)

f:id:tak0-2:20180515125446j:plain

区間距離8.3km。シングルトラックも多いですが高低差もあまり大きくはないので走れるパートの印象が強いです。大高取山への登りはややきついものの、1周目2周目ともにサンピアまであとは下りになるので無理は禁物ですが頑張れるところかなと思います。

 

目標時間は1周目が11:50、2周目が12:45です。試走した際にはNorthよりも上りはやや緩やかになり、逆に下りは飛ばしにくいというのが所感です。個人的には上りは得意ではないのでどちらかというとSouthのほうが好みです。ただ疲労を考えるとどうなるかは未知数です・・・

 

North・South合計しておおよそ33時間が全体でのフィニッシュ目標時間になります。制限時間までのバッファは約2時間。試走もしてタイム的には飛ばしすぎないペースを考えて計画したつもりですが、そこは100mileというロングレース、何があるかわかりません。一番意識することは、「無理をしない・欲を出さない」ことです。最初から最後まで気持ちよく走れることはないにしても、大崩れしないことを念頭に走りきりたいと思っています。

 

 

そのために残り4日、悔いが残らぬよう万全を目指して調整していきます。

 

ではまた。